おばあちゃんの知恵

病院に行けない時 体の不調に効くおばあちゃんの知恵

体調が悪い時でもできるだけ病院へ行かずに、自力で治したいですよね。

そんな時に役立つ、おばあちゃんの知恵をまとめました。

風邪をひいてしまった時 おばあちゃんの知恵

風邪をひいてしまったら、症状の軽いうちにしっかり休養をとって、早く治すのが基本です。

充分な睡眠と免疫力を高めるビタミンAやビタミンCなどを取り、体を温めることが大切です。

風邪対策は加湿と保温が大事 おばあちゃんの知恵

のどや鼻の粘膜が乾燥すると、体内に入ったウイルスを退治する力が低下してしまい、炎症を起こしやすくなってしまいます。

風邪のシーズンには、加湿器で部屋の湿度を適度に保ちましょう。

また、体を温めると免疫機能が活発になり、ウイルスを退治する力もアップします。

体を温めるには、生姜やネギを食べて体の中から温めたり、室温や着るものなどを調節して体を温めましょう。

風邪予防には緑茶 おばあちゃんの知恵

お茶などに含まれるカテキンには殺菌作用があります。

お茶の中でも特にカテキンが多く含まれるのが緑茶です。

日頃から緑茶を飲む習慣があれば、風邪の予防には効果的です。

また、緑茶は飲むだけでなくうがいにもおすすめです。

鼻づまりの時はどうしたら楽になる? おばあちゃんの知恵

鼻づまりは、ウイルスなどの異物により鼻の粘膜が腫れ、空気の通り道が狭くなることで起こります。

鼻がつまると口呼吸になるので、喉を痛めたり、脳に酸素が行きづらくなって頭がぼーっとしたりすることもあります。

鼻づまりを放置していると、慢性的な鼻炎になることもあるので、ひどくなる前に早めにケアしましょう。

ごま油が鼻づまり防止になる? おばあちゃんの知恵

綿棒にごま油を2~3適度に染み込ませて、鼻の奥(奥に入れすぎない)にさっと塗ると粘膜が保護されます。

鼻の粘膜が保護されると、ウイルスやアレルギー物質が体に入るのを防ぎます。

鼻づまり解消法 おばあちゃんの知恵

鼻づまりの時は、蒸しタオルで鼻全体を覆います。

すると鼻孔が広がり、5分程すると鼻が通ります。

熱が出たらどうする? おばあちゃんの知恵

発熱は、体が体内のウイルスと戦っているために起こります。

そのため、つらくなければ解熱剤で無理やり熱を下げるより、水分を補給して、体を温めて安静にしましょう。

食欲があれば、消化がよくて抵抗力を高める食事を取るのがおすすめ。

入浴は微熱で元気にならばOKです。

体が温まると寝つきが良くなり、気分もすっきりするでしょう。

体力を消耗するので、辛い時には無理して入浴しない方がいいでしょう。

熱を下げる体の冷やし方 おばあちゃんの知恵

熱を下げる時は、動脈が皮膚の近くを通っている、首の両側、わきの下、足の付け根を冷やします。

氷のうや保冷材にタオルをまいて、体に当てます。

熱があっても寒気を感じている時は、体が熱を必要としている時なので、冷やしてはいけません。

吐き気がある時、嘔吐している時 おばあちゃんの知恵

ウイルスによって自律神経が乱れ、胃が荒れてしまうと吐き気をもよおすことがあります。

吐き気があるときは、ボタンやベルトを緩めて体を楽にします。

可能なら横になって、布団をかけ体を冷やさなないようにします。

嘔吐した場合は、口を水ですすいで、常温の水を少しずつのんで水分補給をしましょう。

吐き気は体の悪い物を出そうとする反応のため、なるべく薬で吐き気を止めず、吐いてしまった方が楽になります。

しかし、吐きたくても吐けないという時は、ぬるま湯1カップに塩小さじ1を溶かして飲むと吐きやすくなります。

また、外出先などで吐き気を抑えたいときは、手の薬指のつめ小指側の生え際辺りを押してみましょう。

自律神経が整い、吐き気が和らぐツボです。

-おばあちゃんの知恵
-,