星野リゾート界鬼怒川宿泊記 館内やアメニティを口コミレビュー

星野リゾート界鬼怒川

星野リゾート界鬼怒川に宿泊してきました。最高でした!
この感動を忘れたくないので宿泊記としてまとめたいと思います。

私が星野リゾート界に行ったのは今回が2度目。

はじめて星野リゾート界に泊まった時、すっかりファンになっちゃいました。
なので星野リゾートが設計から建築までを一から手掛けたという界 鬼怒川にぜひ行ってみたかったんですよね。

でも星野リゾートって高そうですよね。
予約も取れなさそうですよね。

そうなんですよ!! これまでは・・・。

スポンサーリンク

星野リゾート界鬼怒川宿泊記 あこがれの温泉旅館に行ってきた

今はコロナ禍で、県境を越える旅行はが難しい時期。

今回私が利用したのは、星野リゾートが今打ち出しているマイクロツーリズムプランです。

自宅から1~2時間程度の距離で、3蜜を避けた安心、安全な旅プラン。

もちろん星野リゾート界はコロナ対策も万全なので、安心して行ける温泉旅館だと思います。

栃木県民限定プランなので安くて(最大50%オフ!)、地元の経済にも貢献できて、素敵ですよね。

実際、我が家から星野リゾート界鬼怒川へは車で1時間ちょっとの距離です。

車移動なので蜜も避けられ、コロナ対策も万全でした。

館内では密になる機会は一度もありませんでした。

口コミレビューでも評価の高い星野リゾート。

そんな星野リゾート界鬼怒川のような人気温泉旅館でも宿泊客が激減しているみたいです。

旅行業界も大変ですよね。

遠くの旅行ももちろんいいですが、近場のいいところを探す旅というのも素敵ですよね。

実際私も急に休みが取れたのですが、星野リゾートのマイクロツーリズムプランを知らなかったら行かなかったと思います。

おかげでこれまで知らなかった地元の魅力を発見することができました。

期待以上でした。

スポンサーリンク

星野リゾート界鬼怒川の館内はおもてなしの心でいっぱい!

星野リゾート界鬼怒川の館内はエントランスを抜けてすぐから、旅行客を楽しませるおもてなしの心を感じちゃいます。

なんと、ガラス張りのスロープカーに乗って移動するんですよ。

いざ、界鬼怒川へ

星野リゾート界鬼怒川 チェックイン・チェックアウト

チェックイン時は、広いロビーで順番待ちができます。

お客さんが少なかったので、密になりようがなかったけれど、withコロナ時代でも3蜜対策はばっちりです。

チェックイン時間は15:00~です。

星野リゾート界鬼怒川に行くなら、チェックインは15:00ピッタリにして、12:00のチェックアウト時間までたっぷり過ごしたいですよね。

チェックアウト時間が12:00というのは、ゆっくりできていいですよね。

私たちは、チェックイン10分前に到着しました。

チェックイン時間より少し早くてもOKなんですが、できるだけ長く星野リゾート界鬼怒川に滞在していたいという場合は、1時間あたり3300円で対応してもらえるそうです(空き状況によります)。

1時間3300円って、さすが星野リゾート!って感じですよね~(高い!)

無料のカフェカウンター

エントランス付近には無料のカフェカウンターがあります。

ここには、コーヒーやハーブティー、麦茶などが用意してあります。
ソファーに座って、中庭を眺めながらのんびり過ごすと時間を忘れます。

温泉の前にはドリンクバー

お風呂の前の湯上りどころには、無料のアイスキャンディーや飲み物がおいてあります。

この日のドリンクは、100%リンゴジュースと黒豆茶でした。

自然な甘さが美味しい「寒天ゼリー」やお湯を入れて飲む「蒸し生姜湯」「六漢生姜湯」も美味しかったです。

湯上り処でまったり

16:00~16:15に「温泉いろは」という温泉の楽しみ方の説明とお風呂でできるストレッチの講習がありますよ(要予約)。

星野リゾート界鬼怒川の客室は栃木の伝統工芸に触れられます

ベットの上方に飾られているのは、栃木県の伝統工芸「鹿沼組子」
鹿沼組子という栃木の伝統工芸品は今回の旅行で知りました。

バルコニーの床は栃木の大谷石。

この部屋はシャワーのみですが、普通のシャワーの他に頭上に大きなシャワーヘッドがあります。
見えにくいけど、シャワー室のガラス扉はちゃんと閉まります。

緑色の袋に入っているのは、栃木県土産として人気!石田屋の「日光甚五郎煎餅」です。

私も実家に帰るときにはこのおせんべいを買って帰ることが多いです。バターの味と香りがしてとっても美味しいですよ。
万人受けする味です。

石田屋の「日光甚五郎煎餅」は界鬼怒川のお土産コーナーでも買えますよ。

星野リゾート界の部屋鍵はカードキーではありません。
キーホルダーがその地の民芸品だったりします。
これは鹿沼組子柄かな?

星野リゾート界鬼怒川は、全室「ご当地部屋」と言って、栃木の職人さんが手掛けた「とちぎ民芸の間」なんです。

栃木の益子焼や黒羽藍染などの伝統工芸品が飾られ、テラスの床には大谷石が使われています。

スポンサーリンク

星野リゾート界鬼怒川はアメニティも素敵

高級温泉旅館は、アメニティも充実していますよね。

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、クレンジング、洗顔料、化粧水、乳液、ボディローション、ハンドソープは、星野リゾートのオリジナル。

香りがきつくなくて敏感肌の人にもよさそうです。

星野リゾート界オリジナルの風呂敷は、お風呂の移動の際小物を入れて歩くのにとっても便利。

以前は界の温泉旅館で同じ色の風呂敷だったみたいですが、今は宿によって色が違うそうです。

界鬼怒川はピンクの風呂敷。

星野リゾート界のファンは、界めぐりといって、全国の界を回っている人がいるそうですが、私も界めぐりして、風呂敷を全部集めたくなりました。

スポンサーリンク

まとめ

星野リゾート界鬼怒川宿泊記として、界鬼怒川の館内の様子やアメニティ等を写真付きで口コミレビューしてみました。

あこがれの星野リゾート界鬼怒川に行けるということで、事前に公式HPや口コミサイトなどで情報を集めて、めちゃくちゃ期待して行きましたが、実際施設館内もアメニティもおもてなしも最高でしたよ。

界鬼怒川の魅力をもっと紹介していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました