エイ子さんのブログ

興味のあることを気ままに綴っています

子供 花粉症

子供が花粉症!?見分け方と症状別治療方法とは

近年、子供の花粉症が増えていると言われています。

うちの子供も3歳の頃から花粉症の症状に苦しんでいます。

子供は年中風邪をひいているものなので、花粉症でくしゃみや鼻水が出ていても「また風邪をひいている」と思ってしまいがちです。

花粉症の症状と風邪の症状が似ていても、花粉症と風邪では治療方法は異なります。

親御さんがお子さんの花粉症に早めに気づいてあげて、適切な治療を受けさせてあげれば、お子さんの花粉症の症状はだいぶ軽くなりますよ。

  

子供が花粉症!?見分け方と症状別治療方法とは

花粉症か風邪かを見分けるのは、大人でも難しいものです。

子供であれば花粉症を見分けるのは本当に大変!

子供の花粉症はここに注目!

多くの人が悩まされている、スギ花粉症。

スギ花粉症の季節は、風邪やインフルエンザが流行するのと重なります。

そのため、花粉症かどうかの判断は特に難しいです。

しかも、小さなお子さんは、自分の症状がうまく伝えられないので、お母さんがチェックしてあげたいですね。

一番花粉症だとわかりやすいのは、「目のかゆみ」です。

風邪やインフルエンザでは、目のかゆみはほとんどないのです。

花粉症では、「目のかゆみ」は特徴的な症状なので、花粉症かどうかの判断のポイントとなります。

また、スギ花粉が飛んでいる時期に、熱がないのに、くしゃみや鼻水、鼻づまりがひどい場合は、花粉症の可能性が高いです。

ただし、これらの症状は、他の病気でも起こることがありますので、あまりにもひどくて心配な場合は医者に相談しましょう。

子供の花粉症、大人の花粉症との違い

大人の花粉症で特に多いのは、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみです。

しかし、子供は、くしゃみがあまり出ません。

その理由は、子供の鼻は小さいので鼻づまりが起こりやすく、そして、鼻がつまれば、花粉が入ってこないので、くしゃみが出なくなるのです。

鼻づまりは見た目ではわかりにくいものです。

しかし、よーく子供を観察していると、花粉症の子供は、鼻が詰まっていると鼻で息がしにくいため、口で呼吸をしています。

ですから、子供が口を開けていることが多くなったら、花粉症の疑いがあります。

子供の花粉症のサイン

粘りのある鼻水
花粉症の鼻水は、大人の場合はサラサラしています。
子供の花粉症の場合は、鼻づまりをおこして、少し粘りのある鼻水が出る場合があります。

目をこする
目のかゆみは、大人の場合も子供の場合もあります。
花粉が飛ぶ時期に目がかゆい場合は、花粉症を疑いましょう。

鼻をぴくぴく、口をもぐもぐさせる
鼻づまりのため、鼻をかいたりこすったりします。
鼻で息がしにくいので、口をもぐもぐさせることが増えます。

子供の花粉症の治療方法とは

まず、子供が花粉症かな?と思ったら、早めに小児科の先生に相談しましょう。

子供の花粉症の治療法は、大人の花粉症の治療方法と同じです。

今は子供でも飲める花粉症の市販薬もありますが、花粉症以外の病気の可能性もあるので、勝手な判断で、市販薬で済ませるのは危険です。

子供が小さいうちは特に、できるだけ小児科の先生に診てもらいましょう。

子供が花粉症だとわかった場合、花粉症の症状が出始める少し前から、薬を飲み始めると症状が軽くなると言われています。

今、子供が花粉症だということが分かれば、次の花粉症シーズン前には対応できますよね?

子供の花粉症の症状が少しでも軽くなるよう、小児科の先生と治療方法を相談しましょう。

花粉症は正しい治療をすれば、症状を抑えられます。

「花粉症の季節はしょうがない」と諦めずに、お子さんと一緒に前向きに治療に取り組みましょう。

-子供, 花粉症
-, ,