エイ子さんのブログ

興味のあることを気ままに綴っています

バレンタインデー

バレンタインデーに職場で喜ばれる義理チョコの選び方は予算が決め手!?


もうすぐバレンタインデー。

バレンタインデーって、OLさんにとってはちょっと面倒なこのイベント。

バレンタインデーにプレゼントをもらって、喜ばない男性はいません!

今年はバレンタインデーを職場の人間関係の潤滑油ととらえて、楽しみませんか?

職場の人間関係をよくする、バレンタインデーのプレゼントの選び方をご紹介します。

ちょうどいい義理チョコ(バレンタインギフト)の選び方のコツは、ズバリ!予算ですよ。

  

バレンタインデーに職場で喜ばれる義理チョコの選び方は予算が決め手!?

バレンタインデーは、職場によって、女性社員が男性社員に義理チョコを贈る習慣がある場合があります。

義理チョコを贈るのが当たり前のような会社に勤めているOLさんは大変ですよね。

私のかつての職場もそうでした。

男性の人数が多ければ、一人一人に予算をかけられないし、予算をかけすぎても周りの女性陣の目も気になります。

正直メチャクチャめんどくさい!!

バレンタインデーに職場で喜ばれる義理チョコのおすすめ

バレンタインデーに職場で喜ばれる義理チョコといえば、あまり目立たない小さなものがおすすめです。

正直、義理チョコをもらう側は、「もらう事」がうれしいのであって、そんなに豪華なものは求めていません。

家族や友達に「何個もらった!」と自慢したいだけなのです。

男の人って、いくつになっても子供みたいですよね。

うちの夫も「今年は何個もらった!」と嬉しそうに報告してきますよ。

職場でもらう義理チョコとは、その程度の位置づけなのです。

義理チョコだとわかっているのに、大きかったら、もって帰るのが大変ですし奥様の目も気になります。

かといって、会社の昼休みにやってくる、「保険のセールスレディ」さんが机の上に置いていってくれるようなプチチョコはだめです。

小さすぎ(安すぎ)ると1個に数えられません(笑)。

バレンタインデーは義理チョコでももらえばうれしい!ちょうどいい予算とは?

義理チョコを贈る人数にもよりますが、予算は500円~1000円が無難なのではないでしょうか?

高すぎず、安過ぎず。

安すぎる義理チョコはもらってもうれしくないものなのですが。。。

一度だけ、うちの夫が職場の女性からもらった激安義理チョコで「なかなかセンスがあるな」と思ったものがあります。

それが、この「リングチョコ」なんです。

たぶん、1個10円ぐらいでしょうか?

味も、そんなに美味しいものじゃないですよね?

でも、ほとんどの人が子供のころに食べた「なつかしさ」を感じて、みんな喜んでいたそうです。

その女性の配り方もよくて、特にラッピングをするでもなく、ワックスペーパーで挟んで、「私これ大好きなんですよねー!よかったらどうぞ!」とみんなに配ってたんだそうです。

150個入りなので、男性だけでなく女性にも配って、みんなほんとに懐かしそうに食べたそうです。

こういうアイデアで勝負というのもいいですよね。

まとめ

バレンタインデーの義理チョコは、お金をかけるのはほどほどに、手作りでは頑張り過ぎないことが重要です。

お金をかけずにセンスで勝負ができるなら、それが一番かもしれません。

いずれにしても準備はお早めに。

デパ地下などで買おうとすると、お店は混雑しているし、値段も高くなりがち。

この時期楽天でバレンタインデー特集をしています。
好きな時間にじっくりバレンタインデーギフトを選べるのでおすすめです。

-バレンタインデー
-,