エイ子さんのブログ

興味のあることを気ままに綴っています

低温ヘアアイロン

エクステやウィッグでヘアアイロンを使う方法 髪が傷まない設定温度は?

エクステやウィッグの簡単なヘアアレンジ方法に、ヘアアイロンを使っている人は多いと思いますが…。

ヘアアイロンの設定温度や使い方によっては、エクステやウィッグが傷んでパサパサになってしまいますよね?

実は、エクステやウィッグは、地毛よりも傷みやすいんです。

高価なエクステやウィッグを長持ちさせるには、どうしたらいいか。

エクステやウィッグのヘアアイロンを使ったアレンジ方法やおすすめの設定温度をお教えします!

もちろん、大事な地毛も傷まないヘアアイロンのコツもね!



エクステやウィッグでヘアアイロンを使う方法 髪が傷まない設定温度は?

健康で美しい髪は、水分量が12%ぐらいなんだそうです。

ドライヤーやヘアアイロンなどで、髪の毛が高熱になると、水分がどんどん減ってしまいます。
地毛の場合、髪の毛の水分量が4%を切ると髪がプチッと切れてしまいます。
そのため、高温でのヘアアイロンは切れ毛の原因となります。

それが、エクステやウィッグなどの場合、もっと熱に弱いわけです。

エクステやウィッグは、高温にさらされると、傷んでパサパサ、チリヂリになったり切れてしまいます。

ということは、エクステやウィッグでは、ヘアアイロンを使うことができないのでしょうか?

エクステやウィッグでヘアアイロンを使うための設定温度とは?

一般的なヘアアイロンの温度というのは、120℃~230℃ぐらいの物が多いです。

どのヘアアイロンも、温度の高さや設定温度になるまでの早さなどがウリだったりします。

でも、設定温度120℃って、どう思います?

髪にとって一番のダメージの元は高温です。

一般的なヘアアイロンは120℃以上の温度になるので、ヘアスタイリングツールの中でも特に髪を傷める原因となっています。

高温のヘアアイロンを毎日使っていると、あなたの髪の毛は傷んで大変なことになってしまいます。

地毛よりも傷みやすいエクステやウィッグはなおさらです。

エクステやウィッグは買い替えればいいですが(高いけど!)、地毛を傷めてしまったら大変ですよね?

一般的なヘアアイロンは120℃~の物が多いですが、実のところ、そんなに高温でなくても髪のアレンジはできるのです。

低温ヘアアイロンでスタイリングすることで、髪の水分をしっかりキープすることができます。

髪のうるおいを閉じ込めながらスタイリングするのです。

でも、髪の毛やエクステ、ウイッグは人によって違うので、残念ながら、何℃がいい!という一つの正解はありません。

なるべく低温で、スタイリングができる、「あなたの温度」というのがあるのです。

それを見つけることができるのが、「低温のヘアアイロン」なんです!

髪をケアする低温ヘアアイロン



このサイトを見てもらえればわかるのですが、温度調節の幅が広いんです!!
ビックリしますよ。

低温ヘアアイロンでアレンジしながら髪のダメージケア

これまでのヘアアイロンで、120℃以上のアイロンを繰り返すと、髪はまとまりが悪く、切れ毛、パサつき、枝毛などが多くなり、髪の色も赤みがかってきてしまいます。

しかし、低温ヘアアイロンをあなたの髪に合った低温の設定で使うと、水分がしっかりキープされます。

髪のうるおいを閉じ込めながらヘアスタイリングができるので、髪のダメージをケアしながらしっかりとスタイリングすることができるのです。

それだけじゃありません。

通常、使えば使うほど髪を傷めてしまうヘアアイロンですが、低温ヘアアイロンは傷んだキューティクルを整えるのです。

正常なキューティクルは水分量を取り戻していくので、低温アイロンを毎日使えばヘアトリートメントの何倍も効果を実感できるはずです。

まるでサロンのトリートメントコース後のような髪質を実感できますよ。

この髪をケアする低温ヘアアイロンは、独占販売なので、こちらのサイトからしか購入できません。

にわかには信じられないような、低温ヘアアイロンの秘密は、こちらのサイトで明かされています。




ストレートもカールも髪を傷めず自由自在にスタイリングできます。
髪をケアする低温ヘアアイロン

-低温ヘアアイロン,
-, ,