お花見

秩父鉄道で花めぐりの旅~都心から一番近い蒸気機関車 SLパレオエクスプレス~

秩父は、春は色鮮やかな羊山公園・芝桜の丘やしだれ桜、水芭蕉苑の水芭蕉。

夏は清流の川遊びやホタル観賞や滝めぐりが楽しめます。

秋は関東でも有名な紅葉が素晴らしいです。

冬は氷柱など、秩父は一年を通じて四季の変化を楽しめる地域です。

中でも、秩父鉄道沿線は、四季を通じて、たくさんの花を楽しめます。

特に春は、風も心地よく花鑑賞にもってこいですよ。

  

秩父鉄道で花めぐりの旅~都心から一番近い蒸気機関車 SLパレオエクスプレス~

秩父鉄道の沿線には、四季を通じて花を観賞できる名所がたくさんあります。

春は菜の花や色鮮やかな芝桜のほかに、自然の中に自生する花々もたくさん見ることができます。

秩父鉄道は、たくさんの花が楽しめるスポットがたくさんあるので、お花好き、ローカル電車好きの方におすすめですよ。

都心から一番近い蒸気機関車 SLパレオエクスプレスは、2017年は3月18日土曜日から運転をしています。

SLパレオエクスプレスの運行スケジュールは変更になる場合もありますので、事前に確認して出かけることをおすすめします。

SLパレオエクスプレスの運行スケジュール
http://www.chichibu-railway.co.jp/slpaleo/wp-content/uploads/sites/3/2017/02/paleo2017_2.pdf

秩父鉄道で花めぐり~羊山公園 芝桜の丘~

羊山公園 芝桜の丘は、関東有数の規模を誇る芝桜の名所として人気があります。

秩父の春の風物詩とも言える、羊山公園 芝桜の丘の見頃は、4月中旬頃です。

羊山公園 芝桜の丘では、9品種、約40万株の芝桜のじゅうたんが公園一面に広がります。

この時期はぽかぽかと暖かく散策にはとてもいい時期ですよ。

2017年 芝桜まつりは、4月14日(金)~5月7日(日)開催です!

芝桜の丘へのアクセス
鉄道
西武鉄道横瀬駅から徒歩約1.4km、西武秩父駅から徒歩約1.5km
秩父鉄道御花畑駅(芝桜駅)から徒歩約1.5km


関越自動車道花園ICから国道140号、皆野寄居バイパス利用約25km
圏央道狭山日高ICから国道299号を約39km
カーナビへの入力は秩父市大宮6360

※芝桜まつり期間中、羊山公園内の駐車場が満車となる場合があります。
満車の際は周辺の臨時駐車場をとなる場合があります。

羊山公園内は交通規制が実施されます。

芝桜の開花期間中は、大変な交通渋滞が予想されますので、公共交通機関をご利用ください。

無料シャトルバス
秩父駅経由は帰りのみ。

秩父鉄道で花めぐり~水芭蕉園~

水芭蕉園は、秩父鉄道の武州日野駅から徒歩5分の位置にあります。

こちらの水芭蕉は、4月上旬~下旬が見ごろです。

水芭蕉園は、2,500平方メートルの広さがあり、あぜ道と木道を散策しながら、湿地に咲く1,500株の水芭蕉が観察できます。

水芭蕉は初夏の花と思われがちですが、実際には雪解けの湿地帯に姿を現す春の花です。

住所
秩父市荒川日野727

交通
秩父鉄道 武州日野駅下車 徒歩5分

駐車場
有り(55台)

駐車場は花ハス園内(普通10台)、道の駅あらかわ(普通55台)をご利用下さい。

お問合せ
秩父市役所 荒川総合支所 地域振興課
TEL:0494-54-2114

まとめ

秩父市は都心から特急で約80分と日帰りでも楽しめる場所です。

秩父は、荒川支流の清流と秩父盆地を中心とした山々に囲まれた自然豊かな地域です。

四季折々の花々が楽しめます。

また、ハイキング、川遊び、キャンプ等や小さな地域の祭りまで、一年を通して賑わいを見せる観光地です。

-お花見
-,