熱中症

熱中症の応急処置方法 体の冷やし方や水分の摂り方で楽になる!

熱中症になってしまったら、まずはどうしたらいいのか?

周りの人は何をすればいいのかをまとめました。

熱中症は真夏に限った症状ではありません。

今の時期のように急に気温が上がってきた時などは、体が熱さになれていないこともあって、熱中症になってしまうことが多いのです。

真夏ほど気温が高くない場合でも注意が必要です。

  

熱中症の応急処置方法 体の冷やし方や水分の摂り方で楽になる!

私の息子は野球をしているのですが、急に気温が上がり始める時期は、熱中症でダウンしてしまう子供がよく出ます。

今日も2人ダウンしてしまいました。

熱中症は、野球やサッカーなどの屋外のスポーツだけでなく、バレーボールやバスケットボール、バドミントンなどの屋内スポーツでも起こりやすいので応急処置の方法を知っておくといざという時に役立ちますよ。

熱中症の応急処置 体の冷やし方

熱中症になったらすること
風通しのいい場所や冷房の効いた室内へ移動させる。
冷房の効いた室内がそばにない場合、冷房を効かせた車の中もおすすめです。
でも、決して体調の悪い子供を一人で社内に残すことはしないでください。

衣類を緩めて風通しをよくする
ボタンやベルトを外し、靴下なども脱がせます。
できればズボンなども脱がせると楽になります。

イオン飲料や経口補水液を飲ませる
熱中症に効くのは、OS1という経口補水液です。
スポーツをする人は万が一の時のために、OS1を1本準備していて、少しでも「おかしいな?」と思ったときから少しずつ飲むと熱中症の予防になります。
OS1はスポーツ飲料よりも値段が高めですが、熱中症になってしまって苦しむよりずっといいです。

足を高くして横になる

体の冷やし方
濡れタオルや保冷材、氷などを、首筋やわきの下、足の付け根などに当て冷やします。
大きい動脈を冷やすことにより、体の熱をとります。

熱中症で 医者にかかった方がいい危険なサインとは?

熱中症は初期症状であれば、上記の応急手当をしていれば回復に向かうことが多いです。

しかし、体のしびれが治まらない、意識がはっきりしない、呼びかけても答えられない時には迷わず病院へ行きましょう。

-熱中症
-, ,