病気

小児科と耳鼻科どちらに行くべきか迷ったら

子供は、鼻水や耳の痛み、喉の痛みなどを一度に訴えることがあります。

また、鼻水がすごく熱も出ている時など、小児科に行くべきか耳鼻科に行くべきか迷ってしまいますよね。

そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

小児科は子供の病気のスペシャリスト 迷ったら小児科へ!

子供の具合が悪く、鼻水や耳の痛み、喉の痛み、熱など…小児科と耳鼻科のどちらに行ったらいいのか悩むことがありますよね。

私は以前、先輩ママさんから、「子供は風邪ぐらいだったら、小児科より耳鼻科の方がいいわよ!」と教わったことがあります。

確かに、軽い風邪なら、耳鼻科で鼻を吸引してもらうとだいぶ楽になるし、ちゃんと風邪薬も処方してくれるので、耳鼻科にばかり通っていました。

でも、「軽い風邪」かどうかを親が自己判断で決めるのって危険なんです。

耳鼻科と小児科のどちらを受診するか迷ったときは、まず一度は小児科に行って相談するのがいいと思います。

小児科は子供の病気のスペシャリストだからです。

子供の病気は、多くの場合、ウイルスや細菌などによる感染が原因です。

その症状は鼻や耳の他にも皮膚などの全身に出る場合があります。

これらの兆候を見逃さないためにも全身の診察が必要になります。

耳鼻科の専門である、耳や鼻などの身体の一部を診るだけでは正確な診断が下せないことが多くあります。

小児科の先生の診察を受けた後に、耳鼻科に行った方がいいかを聞くと安心です。

耳鼻科や眼科、皮膚科の専門的な処置が必要な場合はアドバイスをしてくれます。

まとめ

どの診療科にかかればいいか分からない場合には、まずは小児科で診察を受け、別の診療科にかかる必要もあるかどうかを聞きましょう。

小児科は子供の病気のスペシャリストですから、医師や看護師さんも頼りになりますよ。

-病気
-